楽ラップの自動積立

楽ラップの自動積立とは、自動で毎月増額注文をするサービスです。
月に1万円から1円単位で積立ができます。
ただし、初回の10万円は必ず必要です。
最初から積立だけというのはできません。
金額も月に1万円からと決まっていますので、5,000円くらいならと思っている人は残念ですが、やめておきましょう。
積立をする日(積立指定日)は10日または25日(休業日の場合は翌営業日)のどちらかが選べます。
日にちを決めれば、後は自動的に毎月決まった金額が投資されます。

積立の魅力は、注文の手間を省けるだけでなく、それを続けることによって、上下する市場の動きを利用し、安いときにはしっかり買うという投資が勝手にできてしまうのです。
もし運用をしている途中で何らかの理由により積み立てる金額や積み立てる日を変更したくなれば、それも可能です。
個々の収入や資産の状況などによって、金額を増やしたりも、減らしたりもできます。
融通が利くので1万円さえクリアできれば、続けやすいサービスではないでしょうか?
長期的に投資を考えている人にとって、時間分散をより手軽にできる積立は有効なツールであると言えます。

自動積立の設定は特に難しいところはないと思います。
まず、口座開設後、自分のアカウントにログインして、楽ラップのページを探します。
右上に「積立(自動増額)」ボタンがあるので、そこを押すと積立金額と積立指定日を入力する画面が開きます。
これら入力してから、書面を開いて、確認ボタンを押せば確認画面へ進みます。
確認が済んだら無事完了です。

ただ一つ注意点があり、積立日、いわゆる引き落とし日にちゃんと証券口座にお金が入っていなくてはいけません。
それを毎月確認する必要があります。
毎月自分で確認しなくてはいけないなんて、自動と呼べないのではないでしょうか?
そう思われる人も少なくないと思います。
そういった人には、楽天証券と楽天銀行の連携サービスであるマネーブリッジをおすすめします。
マネーブリッジとは楽天銀行の普通預金に預けているお金をいつでも手続きせずに証券口座に使えるというものです。
これならいちいち確認したり、入金する手間が省けます。

前述した時間分散についてですが、これは「ドルコスト平均法」という言葉で表現される、投資の世界で基本中の基本と言われる考え方です。
ある金融商品(株式や投資信託など)に投資をするとき、時間的に分散して買うと、価格変動によるリスクを抑えられるというものです。
これを実現できるのが、この積立投資です。